◆ 高島平から着物と町のNEWSを発信 ◆  
 

創刊1985年 まちが和く輪く!

〒175-0092 東京都板橋区赤塚7-19-26
TEL 03 (3975) 9088
FAX 03 (3938) 5778
Eメール:info@kimono-news.com
発行人 三井真
      いつでも、まちのお役立ち!
             高島平きものしんぶん

こちら「高島平きものしんぶん」編集室。
編集長が足で稼いだキモノと街の話題を楽しく美しく紙面展開! 季刊で毎号27000部発行。
ところで、板橋区高島平はどこにある?
東京の北部、荒川をはさみ埼玉県戸田市と
隣接。都営地下鉄三田線が主要なアクセス
で日比谷、三田、目黒まで一直線。1972年に入居開始の東洋一と謳われた高島平団地を核とするニュータウン。
大東文化大学はじめ教育機関が充実、病院、図書館、行政機関、都立公園、ホタル園、熱帯植物館まで揃い高島平ライフは「シンプルリッチ」。 時代を先取りするコンパクトシティー。
1985年に創刊されしたユニークなコミュニティ紙「高島平きものしんぶん」のホームページへようこそ!  着物のこと、高島平で起こっているディープな「今」がわかります。 

     ここでもれなくゲット! 

高島平1丁目・呉服や光永店頭で配布中


 編集長 三井へのメールは こちら



            新着最新情報は
    編集長ニュース早だしブログ  


             最新号


 150号紙面はこちらから⇒読んでみる

● 150号ヘッドライン 
【 1  面 】
グラフ おめでとう満開!
       着ました!見ました! 春のキモノ
・松月院 第37世玉厳道晴和尚就任 46年ぶり晋山式
・キモノと節句人形お祓い ご福まつり 5月28日(日) 西台天祖神社
【 2 面 】
・松月院と高島平と5月9日 高島秋帆の偉業とは 
・ワンランク上の浴衣でお洒落を
・5月5日はしょうぶ湯の日 区内公衆浴場 小学生以下無料
・郵便はがき62円へ 6月1日から 
・いたばし花火大会 8月5日開催へ
・知っておきたいお店ガイド つけそば大勝軒 
【 3  面 】
・八十八夜で一番茶摘み 優れた栄養成分に脚光
            紫苑茶舗店主  向地佐一さん
・クロスワードパズル 季節のガーゼ手拭い10名様に当る!
 →今号の応募はこちら
            先号の正解「けんこうしんだん」
【 4 面 】
・咲いた赤白黄色  折り紙 荒井妙子先生
・5月12日~14日 高島平緑地噴水広場 

 おすすめ4館イベント・催事のご案内

4月22日(土)
    ▼
6月18日(日)
Yes Nohgu!
~農具、それは一本の棒から始まった~
観覧無料
板橋区立郷土資料館 
℡03-5998-0081
4月8日(土)
    ▼
6月28日(日)

館蔵品展 絵画は告発する
特別展示 板橋の日本画
観覧無料
板橋区立美術館 
℡03-3979-3251
℡03‐3977‐1000
(24時間サービス)
4月21日(日)
    ▼
7月5日(水)  
植村直己・単独行
その冒険精神の原点を見つめる
観覧無料
(財)植村冒険館 
℡03‐3969‐742
1
4月18日(火)
    ▼
5月7日(日)
五感で感じる植物展
入場料/大人260円、小中学生および65歳以上130円  ※回数券、年間パスポートあり*毎週土曜・日曜は小中生無料
板橋区立熱帯環境植物館 
℡03‐5920‐1131
高島平きものしんぶん次号は2017年5月1日発行です

2016年5月29日「ご福まつり」当日の様子  詳しく見る

 

お勧めサイト

高島平の専門店 | 呉服や光永

みらいネット高島平

大東大ラジオ


すみれ洋裁店





山本工務店

Copyright (C) 2006 Takashimadaira Kimonoshinbun. All Rights Reserved.