◆ 高島平から着物と町のNEWSを発信 ◆  
 

創刊1985年 まちが和く輪く!

〒175-0092 東京都板橋区赤塚7-19-26
TEL 03 (3975) 9088
FAX 03 (3938) 5778
Eメール:info@kimono-news.com
発行人 三井真
      いつでも、まちのお役立ち
 読んでますか!高島平きものしんぶん

こちら「高島平きものしんぶん」編集室。
編集長が足で稼いだキモノと街の話題を楽しくカラフルに紙面展開! 季刊発行で毎号26000部発行。

ところで、板橋区高島平はどこにある? 東京の北西部に位置して北区、練馬区、豊島区、埼玉県和光市、荒川をはさみ埼玉県戸田市とも隣接。都営地下鉄三田線が主要なアクセスで巣鴨、大手町、三田、目黒、横浜まで一直線。1972年に入居開始され東洋一と謳われた高島平団地を擁する暮らしやすい新しいまち。

1841(天保12)年、幕末の砲術家高島秋帆(しゅうはん)が当地で西洋砲術調練を行った由来により「高島平」の町名は誕生。大学、高校はじめ教育機関、病院、図書館、行政機関、都立公園、熱帯植物館が揃う緑豊かなコンパクトシティー。

創刊1985年のユニークなコミュニティ紙「高島平きものしんぶん」のホームページへようこそ! 着物のこと、高島平で起こっているディープな「今」がわかるオンリーワンプレスです。 

     ここでもれなくゲット! 

高島平1丁目・呉服や光永店頭で配布中


 編集長 三井へのメールは こちら



            新着最新情報は
    編集長ニュース早だしブログ  


             最新号


 156号紙面はこちらから⇒読んでみる

● 156号ヘッドライン 
【 1  面 】
まちは豊作尽くし! 展覧会 イベント 美味 逸品
・思いっきりカラフル ティーンのお出かけ着 
【2面】
・11月15日は日本全国きものの日
・母親のお宝を生かすのはアナタ 有効に着継いでいこう
・成人の日は1月14日 区内18会場でつどい 板橋区
・11月1日年賀はがき発売開始 Wチャンスのお年玉くじ
・編集長発 消えた成増団地の給水塔
・店ガイド 昇華転写工房 ミ ミ (高島平1丁目) 
【 3  面 】
・私ときもの 男の着物入門書で独学~愛着ある結城 大島 上田~
          神輿同好会友義会長 中島 進さん
 ・クロスワードパズル ボジョレー・ヌーボー 6名に当たる!
               先号の正解「せんしゅせんせい」
・おすすめイベント、展示案内
【 4 面 】
・板橋区民文化祭 菊花展 11月10日まで 松月院境内 

10月13日(土)
    ▼
12月9日(日)
特別展 都営三田線開業50周年記念
いたばし大交通展 
〜江戸時代の街道から鉄道まで〜
観覧無料
板橋区立郷土資料館 
℡03-5998-0081

改修のため休館
  

板橋区立美術館 
℡03-3979-3251
℡03‐3977‐1000
(24時間サービス)
10月5日(金)
    ▼
1月23日(水)  
 達成40周年記念特別展
北極点・グリーンランド単独行
観覧無料
 公益財団法人植村記念財団  植村冒険館 
℡03‐3969‐742
1
11月3(土)
    ▼
11月25日(日)
企画展示「守りたい!助けたい!絶滅危惧種」
入場料/大人260円、小中学生および65歳以上130円  ※回数券、年間パスポートあり*毎週土曜・日曜小中生無料
板橋区立熱帯環境植物館 
℡03‐5920‐1131
高島平きものしんぶん次号は2019年2月1日発行です

2018年5月27日「ご福まつり」当日の様子  詳しく見る

 

お勧めサイト

高島平の専門店 | 呉服や光永

みらいネット高島平

大東大ラジオ


すみれ洋裁店





山本工務店
Copyright (C) 2006 Takashimadaira Kimonoshinbun. All Rights Reserved.